シンポジウム報告

 

2014年11月13日(木)、九州大学 創造パビリオン ゼミナール室にて、「生物資源を取り巻く法規と最新動向 - 研究者が守るべきルール」 「当日の内容(パンフレット)」と題したシンポジウムを開催いたしました。

◆-当日の講演資料-◆
名古屋議定書について
(文部科学省 研究振興局ライフサイエンス課 ゲノム研究企画調整官 渡邉 淳氏)
生物多様性条約及び名古屋議定書関連の動向 -「遺伝資源へのアクセスと利益配分(ABS)」の観点から-
(一般財団法人バイオインダストリー協会 井上 歩氏)
ITPGR への加入と今後の遺伝資源の利用の展望
(農林水産省大臣官房 環境政策課 地球環境対策室長 作田 竜一氏)
動物検疫に係る輸入禁止品の輸入手続について
(農林水産省動物検疫所門司支所 検疫第1課 福田 雅義氏)
植物検疫制度について
(門司植物防疫所輸入検疫担当 次席植物検疫官 吉永 修治氏)
有体物管理センター活動報告 - 海外遺伝資源管理の取り組み -
(九州大学有体物管理センター 深見 克哉)

当日はあらゆる方面の方々にご参加いただき、生物多様性条約・関連する国際条約・遺伝資源の授受に関する関連法規に関する関心の高さを伺うことができました。 ご参加いただきました皆様には、深く感謝申し上げます。
今回のシンポジウムでは、動物検疫所や植物防疫所から講師の方をお招きし、遺伝資源の授受の際に研究者が知っておくべき事項についてご講演いただくなど、 これまでにはない取り組みで、大学関係者をはじめ、参加者の皆様もご講演に深く聞き入っておられました。 また、行政の方々からは、名古屋議定書や生物多様性条約、ITPGRについての内容と現在の動向、さらに今後の展望についてご講演いただき、 今後の大学研究推進に役立つ情報をご提供いただきました。 参加者からは、海外の生物資源を用いた研究をする際の手続きについての理解が深まり、今後の研究の参考になったと感謝のお声もいただいております。

今後も皆様のお役に立てるよう、このような機会を設けていきたいと思いますので、またのご参加をお待ち申し上げます。

 


   
 

(開会挨拶の様子)

 

 (シンポジウム趣旨説明時の様子)

 

(文部科学省 渡邉淳氏)

 

 
   
 

(JBA 井上歩氏)

 

(ご講演時の会場の様子)

 

(農林水産省 作田竜一氏)

 

 
   
 

(ご講演時の会場の様子)

 

(動物検疫所 福田雅義氏)

 

(植物防疫所 吉永修治氏)

 

 
   
 

(ご講演時の会場の様子)

 

(九州大学 深見克哉)

(総合質疑時の様子)

 
   
 

(総合質疑時の会場の様子)

 

(総合質疑時の会場の様子)

(閉会挨拶の様子)

 

 

 


 

 

 

 


マテリアル検索

フリーワード
参加大学名
京都大学
 
 
分類
知的財産権

検索 クリア

MMCフェイスブックページ

海外連携・研究プロジェクト